縦でも使える!iPad Airスタンド兼用ケース Anker Zolo フォリオ型保護ケースレビュー

case_top

管理人いぬたろうがiPadを購入した後まず欲しくなった周辺機器アクセサリーはタブレット用スタンドなのです。で事あるごとにnetやショップを覗いていたんですがイマイチこれといったものが無いように思うのです。

iPad用スタンドを選ぶポイント

まず今一度iPadスタンドに求められる条件というのを整理してみたいと思います。

縦置き・横置き兼用出来る事

意外と縦に使うことを想定していないスタンドが多かったりします。が電子書籍やwebなどiPadは縦にして使用する機会が多いです。なので縦・横両用は必須です。

角度が調節出来る

そもそもスタンドが欲しくなるのは机などに置いた状態では画面が見づらいからです。さらにペンで書き込んだりiPadのフレキシブルな用途を満たすためには出来るだけ自由に角度設定が出来る事が望ましいです。

コンパクト(携帯出来る)

iPad自体が様々な場所、シチュエーションで使用する事を想定したツールなので携帯出来る必要がありますし、できるだけ重量・面積が少ないほうがいいです。

 

これらの条件を満たしているモノが実は100均で手に入ります。

 case_001 

ダイソーで購入できるタブレット用スタンドですね。安価なので複数個購入して使用場所ごとに常備しておくなんて使い方も出来ます。

という事で今回のスタンドの話はこれにて終了……という事ではなくて上の条件を満たしつつ更にケースとしても兼用出来るアクセサリーを購入したのでそちらをレビューします。

 

Anker Zolo iPad Air用 フォリオ型保護ケース レビュー

管理人いぬたろうは外出時に iPad Air 2 を裸で持ち歩くのも不安なのでケースを着けて常用する事にしました。

ですがせっかく軽く薄い iPad Air 2 なので携帯するときも出来るだけ余分な重量や面積にならないようにしたいです。
利用時にはフタはジャマなのでケースのみの最小構成で使えるほうがよいです。
更にケースとスタンドで兼用できればベストです。

その上ににスタンドとして必要な条件が加わり、そんなかなりわがままな要求を満たすケース(兼スタンド)の選定には時間がかかりました。

で、とりあえず探した中で見つけた商品がこちら

Anker Zolo iPad Air用 フォリオ型保護ケース です。

こちらの商品の最大の特徴は液晶をカバーするフタ部分とケース部分がマグネットにより接合され、また自由に分離も可能なことです。

電子機器にマグネットを使うことの悪影響が気になったりしない事もないのですが、Apple純正カバーもマグネットを使用していたりするのをみてもある程度は影響ない設計なのかなと思います。

case_002
こんな感じのパッケージです。

case_004
ウラ側と表側

case_003
フタとケースが分離可能です。素材はおそらくフタが梨地処理されたビニール素材、ケースが軟質プラスチック系、内側に起毛素材が貼ってあります。(表記がないので素材等は予想です。)
質感はお値段なりという感じです。作り自体はしっかりしています。
フタとケースにそれぞれスチール板が内蔵してあるので多少重量感は増します。

case_015
iPad Air 2に装着した状態。

case_005
iPadを横使いでスタンドとして使用した場合、角度はこんな感じで調節可能です。

case_006
縦使いならこんな感じです。

ちなみに iPad Air 用であり iPad Air 2 には装着は可能ですが音量ボタンの位置がずれたり(機能はします)カメラが使用出来なくなったりと不具合もあります。

case_007

カメラが必需の人はiPad Air 2 用が出るまで待つか(出る保証はありませんが)他の製品をおすすめします。

 

さらなる理想のケースを求めて改造

と、ここまではノーマルな志向の人向けの記事でした。

 

ここから先は特殊なこだわりが有る人向けになります。

 

先ほど紹介したケースですがカメラが使えなくなる事などはネット情報で購入前から知っていました。iPadのカメラ機能は使用頻度は確かに低いのですが、使わないと切り捨てるのにはちょっと惜しい部分です。また厚みや重量もかなり増加します。

そのまま妥協して使い続けるという選択肢もありますが、一度装着したケースは破損するなどのことが無い限りそのまま使い続ける可能性が高いと思われ、購入前の段階で理想に近いケースを実現するため”ある改造”を施す事を想定していました。

ある改造(ケースを交換)

で、Anker Zolo iPad Air用 フォリオ型保護ケース なんですがフタになるパーツにマグネットが取り付けてある構造なので、ケース部分はマグネットがひっつくものであれば他のモノに交換しても使えるのです。

case_008

ということでケース部分はこちらの製品と交換しました

パワーサポート iPad Air 2用ジャケット(ノーマルタイプ/ラバーブラック)エアージャケットセット for iPad Air2

こちらを選択した理由は出来るだけ軽く薄い構造、ラバー調な表面処理(滑りにくい)、貼りやすいパワーサポートのフイルム付属という所です。

case_010

このケースにスチール板を付けてマグネットがつくように改造します。

スチール板はタブレット購入前に使用していた100均で購入したホワイトボードが余っていたのでそれを分解して再利用します。

case_009

適当な大きさにカットします。(自分はカッターナイフで深めに切り込みを入れ折り曲げて切断しました。)

そのままだと切断面が鋭利なのでiPad本体を傷つける危険性があるので紙やすり等で滑らかに処理します。さらにテープ等でカバーします。

case_011

あとは装着する時にケースと本体の間に挟むだけです。

 

早速装着してみます。

case_012
ケースのみの状態
case_013
フタを取り付けて表側とウラ側

case_016
側面アップ

case_017
ウラ側アップ

Anker Zoloケースより重量もかなり軽くなり大きさも一回りコンパクトになりました。
特にフタを使用しない時に軽いのは嬉しいです。
もちろんカメラ使用もバッチリです。
製品の質感もかなりアップします。

お値段的にも両方の製品で約6500円程度かかっちゃいましたがとりあえず理想に近いスタンド兼用ケースの完成です。

 

※エアージャケットはかなりタイトに作ってあるため中に薄い鉄板を挟むだけでもケースより画面部分が露出する事になります。

case_014

そのためフタを使わない状態でのケース自体の画面保護性能は下がります。もう少し余裕のあるサイズのケースをチョイスしたほうが良いかもです。

まとめ

●Anker Zoloケースはマグネットを採用することにより手軽に分離・回転可能なケースとなっています。

結構この機構は使えると思うので今後その機能を採用したより便利な製品が出るかもしれません。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク